カードローンの金利を比較して申込先を決定する

多くの銀行や消費者金融がカードローンを取り扱うようになっています。手軽で便利なカードローンは、今の時代の風潮にマッチしており、一気に普及が進みました。ATMで預金感覚で借り入れができることや、返済方法の多様化などの利便性の高さが利用者に好評となっています。カードローンには銀行系と消費者金融系、そしてクレジットカードに付帯するキャッシングなどさまざまなタイプがあり、どれを利用するのが最も適しているのか迷いがちなものです。利用できるATMの数や手数料の有無など、その決め手となる項目はいくつか挙げられますが、その中でも重要度の高い項目が金利についてでしょう。ローンを組む場合には、計画的に返済をしていくことはもちろん、金利の負担分についてもしっかりと理解しておくことが求められます。カードローンに関しては審査が比較的簡単であることや、利用者数の拡大を目的としている観点から、金利負担分についてはやや高めに設定されているケースが多く見られます。

しかし上手に利用することによって、より少ない金利負担分で効果的な融資を受けることもできますので、カードローンの使い方を事前によく知っておくことも重要でしょう。なお、銀行系のカードローンであれば、当該銀行に口座を持っている場合には金利が引き下げられる優遇を受けられる場合もあります。クレジットカードに付帯するキャッシング機能でも、カードのランクによって優遇金利が適用となるケースが多くありますので、これから利用するカードの約款をチェックすることもおすすめです。100万円を借り入れた場合の金利負担は、36回払いとした場合であると年率で1%の違いであっても総返済額が数万円単位で異なってくるものです。適用金利が少しでも低いところから借りることが有利であるのは言うまでも無いでしょう。もちろん、審査に通過することやしっかりと計画的に返済していくことも利用に関して意識しておくことが大切です。借り過ぎに注意し、適切に利用をすることを心がけましょう。(低金利 カードローン

銀行が発行しているカードローンはとても便利

カードローンを発行している金融機関は、一般的な消費者金融だけではなく都市銀行や地方銀行なども見られるようになっています。利用者が抱くイメージの観点では、信頼性の高い「銀行」が発行しているということもあり、より安心感があることでたいへん高い人気を集めています。銀行によってはキャッシュカードに簡単な手続きを行うだけでカードローンの機能を追加できる場合もあり、利便性の高さから支持を集めています。銀行系のカードローンの特徴は、銀行口座を持っている場合には作成の手間が簡単で済むという長所、また金利の面でも比較的低く抑えられているケースが多いことが挙げられます。そのために一般的な消費者金融のカードローンからの乗り換えという形で利用を開始する人も少なくありません。人気を集めている理由にはもう一つ重要なポイントがあります。それは「総量規制対象外」であるということです。総量規制に関しては、年収の3分の1を超えた金額の貸付が禁止されるという規制で、消費者金融のカードローンについてはその対象とされています。

一方で銀行系のカードローンについては総量規制の対象とはなっていません。その関係上、何らかの理由で年収の3分の1を超えた金額を必要としている人にとっても使い勝手の良いローンとなっています。もちろん、ローン破綻を防ぐ観点から融資の審査基準については、やや厳しくなる傾向にありますので、単純に総量規制を超えた金額をすぐに借り入れできることとなるとは限りませんが、借り入れの使い勝手の良さや金利の面などで有利なポイントも多く、一枚は所持しておきたいものであるといえるでしょう。すでに複数の金融機関からの融資を受けており、それらを一本化したいという場合には例外的に貸付が可能となるケースもあります。月々の返済負担額を引き下げるということでおまとめローンという形での利用もできますので、銀行のローン担当窓口に相談してみることがおすすめです。

カードローンの審査基準は年齢と職業と収入

一般的に金融機関から融資を受ける場合には、債務者の返済能力がどの程度あるのかという観点で審査が行われます。カードローンは比較的融資を受けやすいローンの形態であるものの、債務者からの返済が滞るリスクを考慮して金利は高めに設定されています。しかしながら審査基準は債務者に高い返済能力が必要とされる住宅ローンと比較すると、低めに設定されている場合が多く、通常の収入が得られる何らかの職に就いている人であれば審査に通過できるケースが高いと言っても良いでしょう。カードローンの会社によって基準はある程度異なりますので、詳細については各会社のホームページや比較サイトなどでチェックすることが必要です。審査基準を明確にしているケースと「当社独自の基準」という表現にとどめているケースがありますが、おおよその傾向として20歳以上60歳以下、年収100万円もしくは配偶者に安定した収入がある場合、定職に就いていることなどが条件とされます。

この中で会社による基準の違いが大きいのは年収で、100万円程度であっても審査に通過できることもあれば150万円程度は必要となるケースもあります。明確に年収の基準を明らかにしている金融機関は多くはありませんので、年収の低さで審査に通過できなかった場合には別の金融機関への申込みをしてみると良いでしょう。定職に就いているかどうかの判断は、カードローンの会社によって行われる在籍確認電話が一般的です。企業名ではなく個人名での確認となりますのでカードローンを申込んだことが職場に知られる可能性は低いのですが、在籍確認を必要としないというカードローン会社もあります。その点が気にかかる方は事前にチェックしておきましょう。いずれにしても、金融機関から借りたお金についてはきちんと計画性をもって返済を行うことが重要です。審査に通過し融資を受けられた場合にも、借り過ぎには気をつけて計画的に使いましょう。

カードローンを利用した場合の返済システム

カードローンの返済システムはどのようになっているのでしょうか。まず、返済金額は利息ブラス元金の合計額ということになります。このうち、必ず含まれていなければならないのは利息です。たとえば、その月の利息が2000円であれば、この2000円は必ず返済金額に含めなければいけません。返済方法ですが、ATMからの入金をデフォルトにしているところが多いです。一般的に、自社のATMのほか、複数の金融機関と提携して他社のATMも使えるようにしており、借入先が直営しているATMが近くになくても、自宅の近所にあるコンビニのATMから返すこともできるようになっています。ただ、借入先が直営しているATMではない場合、硬貨を入金したり、あるいはおつりをもらうことはできません。なので、一円単位でぴったり入金したいという場合は、硬貨の入出金が可能な直営のATMに行くようにしましょう。

ATMへの入金以外では、カードローン会社の支店で直接支払う、あるいはカードローン会社の口座に振り込むといった方法でも返すことが可能です。銀行振込で返す場合ですが、振込先の口座は契約したときに送られてきた書類、カードローン会社のホームページに自分のアカウントでログインしたときに閲覧できるマイページなどで確認することができます。返済回数に関しては、返済方法を回数指定の分割払いにした場合を除き、カードローン会社から指定されることはありません。なので、利息のみの返済を認めている貸金業者であれば、10万円の債務を100回かけて返すことも可能です。また、一ヶ月一回しか返せないという決まりはなく、繰り上げ返済は自由にできることが多いです。期日までに返せなかった場合ですが、その時点ですぐに契約が破棄されたり、貸金業者が家にやってくることはありません。ただ、携帯電話や勤務先に電話がかかってきて、いつ返せるのか聞かれることになります。あらかじめ返すのが遅れることを業者側に連絡していれば、勤務先に連絡されることはありません。

カードローン審査では何が行われているのか

カードローン審査は、人によって通りやすさが違います。申込者によって属性(条件)が異なるので、審査結果が出るまでははっきりしたことはわかりません。審査では、申請された職業や収入などの項目を元にしてスコアリングされます。申込者を点数付けして、決められた点数に到達するかどうかで振り分けることです。他に重要なのが信用情報の照会です。例えば過去に借金を踏み倒したり、返すのが遅れたようなブラックな記録があると、それが信用情報に響いてしまいます。また、勤務先には在籍確認の電話が入ります。申し込みをした本人が本当にその職場に勤めているかどうかを確認するための電話です。超一流の職場を嘘をついて書いたとしても、この在籍確認の電話ですぐにバレてしまうので嘘は絶対に書かないようにしましょう。

コンピュータがいくらくらいまでなら貸せるかという限度額を弾き出して、あとはそれを元にして融資を決める担当者が判断を下します。絶対にクリアしなければいけないのは、年齢と収入です。収入は安定した収入が条件で、不安定な自営業などは審査に通りにくくなります。逆に、正社員以外でもパートやアルバイト、派遣社員でも毎月同じ金額をもらっているのであれば安定した収入があると判断されます。カードローン審査で重視されるのは、貸したお金が返ってくるかということです。貸して大丈夫という信用がある人物かどうかを判断しています。これは最近ではある程度コンピュータがスコアリングで弾き出していますが、最終判断は人間の手によって行われます。金融機関によって異なりますが、20歳以上65歳未満が年齢条件になっていることが多いです。65歳以上だと年金生活の人も多いため、返済能力が低いと判断されるので通りにくくなっています。20歳を超えてすぐのような大学生の場合は、アルバイトなどで自分に安定した収入があるのならばカードローン審査に通る可能性が十分あります。

銀行の場合は30%のルールは適用されない

人々は、たまに多くのお金を借りたいと思っています。大きな買い物をしなければならない時などは、そのケースの1つになります。また事業資金なども同様で、会社の運転資金などのためにまとまったお金が必要だと思っている方も、珍しくありません。 このようにまとまったお金が必要になる事も多々あるのですが、その際に業者から借りるケースは非常に多いですね。いわゆる賃金業者から借りる事を考えている方も、中にはいらっしゃるでしょう。

ところでキャッシングを用いるとなると、現在の年間所得が大きなポイントになってくるのです。その所得に対するパーセンテージが設定されているのですが、その範囲内でないと借りるのが難しいケースが多々あるのですね。 例えば現在の年間所得が500万円の方の場合は、最大で150万まで借りる事はできるのです。どこから150万という数字が出てくるかと申しますと、30%というルールが決まっているのですね。現在の法律では、年間所得の30%までしか借りる事ができません。ですので160万などで借りるのは困難という事になります。

しかし前述のように、世間ではまとまった資金が必要な方も見られます。上記のようなルールがあると、困ってしまうでしょう。 ところが一部の金融会社は、また話は別なのですね。いわゆる銀行などです。上記の30%というルールが適用されるのは、あくまでも賃金業者になります。銀行の場合はまた話は別で、上記のルールが適用されない事になっているのですね。

ですので160万などの資金が必要な時には、銀行に申し込みをしてみるのも一法なのです。賃金業者の場合はほぼ確実にお断りになりますが、銀行の場合は可能性があるからです。少しでも可能性があるならば、銀行で申し込みをしてみるのも一法でしょう。 なお上記で申し上げたキャッシングのルールの話は、あくまでも現時点のものになります。金融業界のルールは、経済情勢によって色々と変動します。ですので今後の状況によっては、その30%などの数字が変化する可能性はあります。

恋人には内緒にしておきたいとのアンケート結果

業者からお金を借りる事を考えている方は、しばしば内緒にしたいと思っています。特にご家族に対しては、その事実はなるべく隠しておきたいと思っている方も多いのですね。色々と複雑な人間関係などがありますので、あまりあまりその事実を知られたくないと思っているケースも珍しくありません。 ではそのような方々はどれ位いらっしゃるかと申しますと、かなり多いです。というのも以前に少々興味深いアンケートが実施されたことがあります。

そのアンケートの内容なのですが、恋人に話すか否かというものです。キャッシングなどで借りている事実を、果たして恋人に隠すか話すかというアンケートだったのですね。そのパーセンテージがどれ位なのか、ちょっと調査された訳です。 その結果、隠したいと思っている方々が微妙に多い状況でした。隠したいと答えた方々は、全体の50%を少し上回っている状況なのですね。もちろん残り40数%は、その事実を恋人に話すと回答している訳ですが。

ちなみに隠す理由は色々あるのです。まず相手に嫌われたくないので、それを隠したいと思っている方もいらっしゃるのですね。また相手にあまり迷惑をかけるのは好ましくないので、隠すのが望ましいと回答した方もいらっしゃるのです。 このような状況なので、やはり融資を受けようと思っている方々は、ご家族や恋人などには内緒にしておきたいと思っている事が多い訳ですね。

では、いざキャッシングをする場合はどうなるかと申しますと、たいていは発覚しません。そもそも金融会社としては、申し込みをした方の職場に電話をかけますが、その際に社名が出る事はまず無いのですね。あくまでも電話担当者の名前になり、社名は伏せられるケースがほとんどです。 また金融会社からの郵送物なども、一工夫凝らされているケースが多いのです。社名が工夫されている事がありますので、基本的には秘密は守られると考えて良いでしょう。そのような事実から、キャッシングという商品は万人向けだと思います。

2つの返済方式と任意方式にてキャッシングで返すメリット

キャッシングで返す方法には、大きく分ければ2種類あります。所定の期日が到来した時に支払う方法と、期日を問わず自分のタイミングで支払う方法があるのです。 そもそもその商品では、必ずと言って良いほど期日が設定される事になります。例えばある金融会社の場合は、毎月の期日が25日に決まっているようですね。その期日が到来した時に、いわゆる返す手続きを行う必要があります。 多くの方々は、その期日における自動的な引き落としを利用している事が多いですね。もちろん払込用紙などを使っている訳でもなく、あくまでも銀行の口座から引き落とされる事になります。

そして多くの方は、その自動引き落としを使っているケースが大変多いのですね。なぜなら人々は、うっかり返すのを忘れてしまう事があります。そしてこの商品では、うっかり忘れは気をつけた方が良いのですね。それを忘れてしまいますと金融業界の共有システムに登録されてしまいますので、次回以降の利用が難しくなってしまう事があるのです。急いでいる時にお金が確保できなくなるリスクがありますので、うっかり忘れるのを防止したいものなのですね。ところが自動的な引き落としの場合は、そのうっかりが発生する確率が比較的低めなのです。ですので多くの方は、それを使っている事が多いです。

ただしその方式だけでなく、いわゆる任意方式を利用している方々もまた多いですね。というのもその融資商品は、残額を減らすのが大きなポイントになってきます。いわゆる手数料を少しでも少なく抑えたいと思うならば、やはり残額を減らす方が良いのですね。残額が少なければ、毎月の手数料も低めになってくるからです。 ですので例えば前述のように期日が25日になっている時でも、敢えて15日などに返すことも可能なのです。いわゆる前倒しの方式ですね。それで少しでも元金を減らす方が、キャッシングの手数料も低めになる事が多いからです。資金的な余裕がある時には、どんどん任意の方式を活用するのが良いと思います。

キャッシング申込にて案外重視される電話番号

キャッシングの申込においては、しばしば電話が大切なポイントになります。ここでの電話というのは、申込書に記載する電話を指します。金融会社のコールセンターの電話ではありません。 この融資商品での申込をする時には、通じる番号があるか否かが重視されます。なぜなら銀行などでは、申込者に連絡をしたい事も多々あるからです。

そもそも銀行などは、色々と確認をしたい事が多いのですね。申込書の内容に関連して何かを調べたい時には、電話で確認をするケースも珍しくありません。 ところが金融会社が電話をして、電話番号が使われていません等のアナウンスが流れたとします。そのような時には、ちょっと虚偽申し込みを疑われてしまうのですね。それで落とされてしまう事がありますので、注意が必要です。

最低限、連絡可能な番号が必要になる訳ですね。 それと申込書に書く番号には、2種類あります。固定と携帯ですね。 キャッシングに関する情報サイトなどを見てみますと、固定の番号が重要です等とアピールされているケースが多いです。実際確かに、固定の番号がある方がその融資商品では有利になる傾向はあります固定回線を持っていないと、申込がお断りになる事もたまに有るのですね。 しかしここ最近では、ちょっと状況が変わってきています。携帯電話を保有していないと、難しくなるケースがあるのですね。

というのもここ最近の金融会社は、携帯電話は1本ぐらい持っているのが当たり前と考えているのだそうです。それさえ持っていないとなると、やはりお断りになってしまう事が多いようですね。 ですので理想を言えば、携帯と固定の両方を保有しているのが望ましいです。どちらか片方が欠けても融資可能なケースはあるのですが、お断りになる確率は若干高まる傾向があります。 そのような事を考えますと、やはりキャッシングでは電話番号は意外と重要度が高いと思いますね。最低でも正確な携帯電話の番号だけは、申込書に書くようにしたいものです。

8%前後の担保商品よりも18%のキャッシングが良い理由

資金を捻出する方法の1つに、担保商品と呼ばれるものがあります。いわゆる不動産物件などを抵当に入れて、借りるタイプの商品になるのです。 その商品は、手数料に関するメリットがあります。一見すると、手数料はかなりリーズナブルになっているのですね。

先日も私は電車で移動していた時に、ある場所にて広告を目撃しました。その1つに、前述の担保商品に関するものがあったのです。それによると、手数料は年間8%前後ですとアピールされていたのですね。ちなみにその8%という数字は、最大手数料になるのですが。状況によっては、もう少しその数字が低くなる事もあります。

ところで資金捻出の方法には、キャッシングもあるのですね。その金融商品の場合は、遥かに手数料が高めになってくるのです。現時点では18%前後という状況ですね。
この18%と8%という2つの数字を着目すれば、明らかに後者の方がメリットが大きいでしょう。ですので人々は、しばしば担保商品を利用している事も多いのですね。 しかし実際には、そうとも言えないのです。担保商品の場合は、色々な調査の為のお金がかかるケースが多いのです。

例えば前述のように不動産物件を利用するタイプの商品ならば、確実に調査料金は発生します。しかもそれが意外と軽視できない金額で、数万円前後になるケースも珍しくありません。また金融会社による訪問などは発生する場合は、別途で費用がかかるケースもあるのです。もちろんキャッシングには、そのような調査料金は存在しないのです。一見すると18%の商品の方が高めに見えますが、実はあまり変わらない事も多いのですね

また担保商品の場合は、繰り上げ時にもお金がかかってしまいます。いわゆる前倒しでお金を返していく方法になるのですが、その時にも繰り上げ手数料と呼ばれるものが発生するのですね。ちなみにキャッシングの場合は、そのような手数料はありません。
そしてキャッシングの場合は、返す方法が非常に手軽です。それらをトータル的に判断すれば、むしろ担保商品よりはメリットが大きいとも言えるでしょう。