2つの返済方式と任意方式にてキャッシングで返すメリット

キャッシングで返す方法には、大きく分ければ2種類あります。所定の期日が到来した時に支払う方法と、期日を問わず自分のタイミングで支払う方法があるのです。 そもそもその商品では、必ずと言って良いほど期日が設定される事になります。例えばある金融会社の場合は、毎月の期日が25日に決まっているようですね。その期日が到来した時に、いわゆる返す手続きを行う必要があります。 多くの方々は、その期日における自動的な引き落としを利用している事が多いですね。もちろん払込用紙などを使っている訳でもなく、あくまでも銀行の口座から引き落とされる事になります。

そして多くの方は、その自動引き落としを使っているケースが大変多いのですね。なぜなら人々は、うっかり返すのを忘れてしまう事があります。そしてこの商品では、うっかり忘れは気をつけた方が良いのですね。それを忘れてしまいますと金融業界の共有システムに登録されてしまいますので、次回以降の利用が難しくなってしまう事があるのです。急いでいる時にお金が確保できなくなるリスクがありますので、うっかり忘れるのを防止したいものなのですね。ところが自動的な引き落としの場合は、そのうっかりが発生する確率が比較的低めなのです。ですので多くの方は、それを使っている事が多いです。

ただしその方式だけでなく、いわゆる任意方式を利用している方々もまた多いですね。というのもその融資商品は、残額を減らすのが大きなポイントになってきます。いわゆる手数料を少しでも少なく抑えたいと思うならば、やはり残額を減らす方が良いのですね。残額が少なければ、毎月の手数料も低めになってくるからです。 ですので例えば前述のように期日が25日になっている時でも、敢えて15日などに返すことも可能なのです。いわゆる前倒しの方式ですね。それで少しでも元金を減らす方が、キャッシングの手数料も低めになる事が多いからです。資金的な余裕がある時には、どんどん任意の方式を活用するのが良いと思います。