資金を捻出する方法の1つに、担保商品と呼ばれるものがあります。いわゆる不動産物件などを抵当に入れて、借りるタイプの商品になるのです。 その商品は、手数料に関するメリットがあります。一見すると、手数料はかなりリーズナブルになっているのですね。

先日も私は電車で移動していた時に、ある場所にて広告を目撃しました。その1つに、前述の担保商品に関するものがあったのです。それによると、手数料は年間8%前後ですとアピールされていたのですね。ちなみにその8%という数字は、最大手数料になるのですが。状況によっては、もう少しその数字が低くなる事もあります。

ところで資金捻出の方法には、キャッシングもあるのですね。その金融商品の場合は、遥かに手数料が高めになってくるのです。現時点では18%前後という状況ですね。
この18%と8%という2つの数字を着目すれば、明らかに後者の方がメリットが大きいでしょう。ですので人々は、しばしば担保商品を利用している事も多いのですね。 しかし実際には、そうとも言えないのです。担保商品の場合は、色々な調査の為のお金がかかるケースが多いのです。

例えば前述のように不動産物件を利用するタイプの商品ならば、確実に調査料金は発生します。しかもそれが意外と軽視できない金額で、数万円前後になるケースも珍しくありません。また金融会社による訪問などは発生する場合は、別途で費用がかかるケースもあるのです。もちろんキャッシングには、そのような調査料金は存在しないのです。一見すると18%の商品の方が高めに見えますが、実はあまり変わらない事も多いのですね

また担保商品の場合は、繰り上げ時にもお金がかかってしまいます。いわゆる前倒しでお金を返していく方法になるのですが、その時にも繰り上げ手数料と呼ばれるものが発生するのですね。ちなみにキャッシングの場合は、そのような手数料はありません。
そしてキャッシングの場合は、返す方法が非常に手軽です。それらをトータル的に判断すれば、むしろ担保商品よりはメリットが大きいとも言えるでしょう。