多くの銀行や消費者金融がカードローンを取り扱うようになっています。手軽で便利なカードローンは、今の時代の風潮にマッチしており、一気に普及が進みました。ATMで預金感覚で借り入れができることや、返済方法の多様化などの利便性の高さが利用者に好評となっています。カードローンには銀行系と消費者金融系、そしてクレジットカードに付帯するキャッシングなどさまざまなタイプがあり、どれを利用するのが最も適しているのか迷いがちなものです。利用できるATMの数や手数料の有無など、その決め手となる項目はいくつか挙げられますが、その中でも重要度の高い項目が金利についてでしょう。ローンを組む場合には、計画的に返済をしていくことはもちろん、金利の負担分についてもしっかりと理解しておくことが求められます。カードローンに関しては審査が比較的簡単であることや、利用者数の拡大を目的としている観点から、金利負担分についてはやや高めに設定されているケースが多く見られます。

しかし上手に利用することによって、より少ない金利負担分で効果的な融資を受けることもできますので、カードローンの使い方を事前によく知っておくことも重要でしょう。なお、銀行系のカードローンであれば、当該銀行に口座を持っている場合には金利が引き下げられる優遇を受けられる場合もあります。クレジットカードに付帯するキャッシング機能でも、カードのランクによって優遇金利が適用となるケースが多くありますので、これから利用するカードの約款をチェックすることもおすすめです。100万円を借り入れた場合の金利負担は、36回払いとした場合であると年率で1%の違いであっても総返済額が数万円単位で異なってくるものです。適用金利が少しでも低いところから借りることが有利であるのは言うまでも無いでしょう。もちろん、審査に通過することやしっかりと計画的に返済していくことも利用に関して意識しておくことが大切です。借り過ぎに注意し、適切に利用をすることを心がけましょう。(低金利 カードローン