銀行が発行しているカードローンはとても便利

カードローンを発行している金融機関は、一般的な消費者金融だけではなく都市銀行や地方銀行なども見られるようになっています。利用者が抱くイメージの観点では、信頼性の高い「銀行」が発行しているということもあり、より安心感があることでたいへん高い人気を集めています。銀行によってはキャッシュカードに簡単な手続きを行うだけでカードローンの機能を追加できる場合もあり、利便性の高さから支持を集めています。銀行系のカードローンの特徴は、銀行口座を持っている場合には作成の手間が簡単で済むという長所、また金利の面でも比較的低く抑えられているケースが多いことが挙げられます。そのために一般的な消費者金融のカードローンからの乗り換えという形で利用を開始する人も少なくありません。人気を集めている理由にはもう一つ重要なポイントがあります。それは「総量規制対象外」であるということです。総量規制に関しては、年収の3分の1を超えた金額の貸付が禁止されるという規制で、消費者金融のカードローンについてはその対象とされています。

一方で銀行系のカードローンについては総量規制の対象とはなっていません。その関係上、何らかの理由で年収の3分の1を超えた金額を必要としている人にとっても使い勝手の良いローンとなっています。もちろん、ローン破綻を防ぐ観点から融資の審査基準については、やや厳しくなる傾向にありますので、単純に総量規制を超えた金額をすぐに借り入れできることとなるとは限りませんが、借り入れの使い勝手の良さや金利の面などで有利なポイントも多く、一枚は所持しておきたいものであるといえるでしょう。すでに複数の金融機関からの融資を受けており、それらを一本化したいという場合には例外的に貸付が可能となるケースもあります。月々の返済負担額を引き下げるということでおまとめローンという形での利用もできますので、銀行のローン担当窓口に相談してみることがおすすめです。