カードローンを利用した場合の返済システム

カードローンの返済システムはどのようになっているのでしょうか。まず、返済金額は利息ブラス元金の合計額ということになります。このうち、必ず含まれていなければならないのは利息です。たとえば、その月の利息が2000円であれば、この2000円は必ず返済金額に含めなければいけません。返済方法ですが、ATMからの入金をデフォルトにしているところが多いです。一般的に、自社のATMのほか、複数の金融機関と提携して他社のATMも使えるようにしており、借入先が直営しているATMが近くになくても、自宅の近所にあるコンビニのATMから返すこともできるようになっています。ただ、借入先が直営しているATMではない場合、硬貨を入金したり、あるいはおつりをもらうことはできません。なので、一円単位でぴったり入金したいという場合は、硬貨の入出金が可能な直営のATMに行くようにしましょう。

ATMへの入金以外では、カードローン会社の支店で直接支払う、あるいはカードローン会社の口座に振り込むといった方法でも返すことが可能です。銀行振込で返す場合ですが、振込先の口座は契約したときに送られてきた書類、カードローン会社のホームページに自分のアカウントでログインしたときに閲覧できるマイページなどで確認することができます。返済回数に関しては、返済方法を回数指定の分割払いにした場合を除き、カードローン会社から指定されることはありません。なので、利息のみの返済を認めている貸金業者であれば、10万円の債務を100回かけて返すことも可能です。また、一ヶ月一回しか返せないという決まりはなく、繰り上げ返済は自由にできることが多いです。期日までに返せなかった場合ですが、その時点ですぐに契約が破棄されたり、貸金業者が家にやってくることはありません。ただ、携帯電話や勤務先に電話がかかってきて、いつ返せるのか聞かれることになります。あらかじめ返すのが遅れることを業者側に連絡していれば、勤務先に連絡されることはありません。