カードローン審査では何が行われているのか

カードローン審査は、人によって通りやすさが違います。申込者によって属性(条件)が異なるので、審査結果が出るまでははっきりしたことはわかりません。審査では、申請された職業や収入などの項目を元にしてスコアリングされます。申込者を点数付けして、決められた点数に到達するかどうかで振り分けることです。他に重要なのが信用情報の照会です。例えば過去に借金を踏み倒したり、返すのが遅れたようなブラックな記録があると、それが信用情報に響いてしまいます。また、勤務先には在籍確認の電話が入ります。申し込みをした本人が本当にその職場に勤めているかどうかを確認するための電話です。超一流の職場を嘘をついて書いたとしても、この在籍確認の電話ですぐにバレてしまうので嘘は絶対に書かないようにしましょう。

コンピュータがいくらくらいまでなら貸せるかという限度額を弾き出して、あとはそれを元にして融資を決める担当者が判断を下します。絶対にクリアしなければいけないのは、年齢と収入です。収入は安定した収入が条件で、不安定な自営業などは審査に通りにくくなります。逆に、正社員以外でもパートやアルバイト、派遣社員でも毎月同じ金額をもらっているのであれば安定した収入があると判断されます。カードローン審査で重視されるのは、貸したお金が返ってくるかということです。貸して大丈夫という信用がある人物かどうかを判断しています。これは最近ではある程度コンピュータがスコアリングで弾き出していますが、最終判断は人間の手によって行われます。金融機関によって異なりますが、20歳以上65歳未満が年齢条件になっていることが多いです。65歳以上だと年金生活の人も多いため、返済能力が低いと判断されるので通りにくくなっています。20歳を超えてすぐのような大学生の場合は、アルバイトなどで自分に安定した収入があるのならばカードローン審査に通る可能性が十分あります。