銀行の場合は30%のルールは適用されない

人々は、たまに多くのお金を借りたいと思っています。大きな買い物をしなければならない時などは、そのケースの1つになります。また事業資金なども同様で、会社の運転資金などのためにまとまったお金が必要だと思っている方も、珍しくありません。 このようにまとまったお金が必要になる事も多々あるのですが、その際に業者から借りるケースは非常に多いですね。いわゆる賃金業者から借りる事を考えている方も、中にはいらっしゃるでしょう。

ところでキャッシングを用いるとなると、現在の年間所得が大きなポイントになってくるのです。その所得に対するパーセンテージが設定されているのですが、その範囲内でないと借りるのが難しいケースが多々あるのですね。 例えば現在の年間所得が500万円の方の場合は、最大で150万まで借りる事はできるのです。どこから150万という数字が出てくるかと申しますと、30%というルールが決まっているのですね。現在の法律では、年間所得の30%までしか借りる事ができません。ですので160万などで借りるのは困難という事になります。

しかし前述のように、世間ではまとまった資金が必要な方も見られます。上記のようなルールがあると、困ってしまうでしょう。 ところが一部の金融会社は、また話は別なのですね。いわゆる銀行などです。上記の30%というルールが適用されるのは、あくまでも賃金業者になります。銀行の場合はまた話は別で、上記のルールが適用されない事になっているのですね。

ですので160万などの資金が必要な時には、銀行に申し込みをしてみるのも一法なのです。賃金業者の場合はほぼ確実にお断りになりますが、銀行の場合は可能性があるからです。少しでも可能性があるならば、銀行で申し込みをしてみるのも一法でしょう。 なお上記で申し上げたキャッシングのルールの話は、あくまでも現時点のものになります。金融業界のルールは、経済情勢によって色々と変動します。ですので今後の状況によっては、その30%などの数字が変化する可能性はあります。