キャッシングの申込においては、しばしば電話が大切なポイントになります。ここでの電話というのは、申込書に記載する電話を指します。金融会社のコールセンターの電話ではありません。 この融資商品での申込をする時には、通じる番号があるか否かが重視されます。なぜなら銀行などでは、申込者に連絡をしたい事も多々あるからです。

そもそも銀行などは、色々と確認をしたい事が多いのですね。申込書の内容に関連して何かを調べたい時には、電話で確認をするケースも珍しくありません。 ところが金融会社が電話をして、電話番号が使われていません等のアナウンスが流れたとします。そのような時には、ちょっと虚偽申し込みを疑われてしまうのですね。それで落とされてしまう事がありますので、注意が必要です。

最低限、連絡可能な番号が必要になる訳ですね。 それと申込書に書く番号には、2種類あります。固定と携帯ですね。 キャッシングに関する情報サイトなどを見てみますと、固定の番号が重要です等とアピールされているケースが多いです。実際確かに、固定の番号がある方がその融資商品では有利になる傾向はあります固定回線を持っていないと、申込がお断りになる事もたまに有るのですね。 しかしここ最近では、ちょっと状況が変わってきています。携帯電話を保有していないと、難しくなるケースがあるのですね。

というのもここ最近の金融会社は、携帯電話は1本ぐらい持っているのが当たり前と考えているのだそうです。それさえ持っていないとなると、やはりお断りになってしまう事が多いようですね。 ですので理想を言えば、携帯と固定の両方を保有しているのが望ましいです。どちらか片方が欠けても融資可能なケースはあるのですが、お断りになる確率は若干高まる傾向があります。 そのような事を考えますと、やはりキャッシングでは電話番号は意外と重要度が高いと思いますね。最低でも正確な携帯電話の番号だけは、申込書に書くようにしたいものです。